ナビゲーション


治療内容

眼科一般診療
アレルギー性結膜炎、麦粒腫、霰粒腫、眼精疲労、角膜炎、ドライアイから白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性症、飛蚊症などについて精査の上、治療いたします。
また手術やさらなる精査加療が必要な場合で当院では対応出来ない症例については専門施設への紹介を行っております。

目の状態により散瞳検査を行う場合、最長で4~5時間は見えにくくなりますのでお車の運転が出来なくなります。
また点眼にて散瞳しますが、診察まで20~30分はかかりますので出来るだけ早めの受診をお勧めいたします。

眼鏡が必要な方には検査の上眼鏡処方箋をお出しします。
診察した上で目の状態により治療が必要な場合、眼鏡処方箋がお出し出来ないことがあります。
小児で遠視がある、視力が不安定である等の場合、後日精査の上での眼鏡処方になります。

当院にて初めてのコンタクト処方ご希望の場合は、事前にお電話にてお問い合わせくださるようお願いいたします。
診察した上で目の状態により治療が必要な場合、コンタクトが処方出来ない場合があります。
またコンタクト初心者の方の場合、コンタクトレンズの装用練習を行うため、約1時間はお時間が掛かります。
このため事前予約にての対応とさせていただいております。
院内の写真
院内の写真
OCT(網膜断層解析装置)
OCT検査とは、眼底の網膜(カメラでいうフィルム)の断層画像を撮影する検査です。
OCT検査により、通常の診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や治療効果の判定に役立てることが出来るため、疾患の早期発見に非常に有用です。
適応疾患は網膜の黄斑部疾患(黄斑円孔、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症による黄斑浮腫)や緑内障などです。
撮影は非接触で行い、フラッシュによるまぶしさも無く、短時間で済みます。
OCTの写真